大曲花火に観光タクシーでいくメリット

夏の風物詩といえば、なんといっても花火です。友人同士や恋人同士、家族で見るのも楽しいものです。数ある有名な花火大会の中でも、秋田で開催される大曲花火は、明治43年から続く、伝統のある花火大会として有名です。地元秋田の方々はもちろん、その花火を一目見ようと全国からお客さんが押し寄せます。大人数がベストな位置で見ようとするため、会場までの移動や場所取りは一苦労です。しかし、観光タクシーをうまく利用すると、その大変さを軽減し、花火を思いきり楽しむことができるのをご存知でしょうか。

大曲花火が開催される大曲市は、2本の主要幹線道路と地域高規格道路が走っています。普段は4万人の人口の街で、大人数が通れるような使用になっていないため、花火大会当日は渋滞が終日発生しやすい立地になっています。行きは早めに出発するなどの対策が取れますが、帰宅時には一斉に人が動くため、大変な混雑になってしまうのです。車で行くと、運転を担当している方の負担も大きく、せっかくの楽しい気分を壊してしまう恐れもあります。

観光タクシーを利用することのメリットの1つとして運転手の負担を減らす事ができるという点が挙げられます。全員が車内でゆったり余韻を楽しみことができ、誰かがアルコールを我慢する必要もなく、移動時間もリラックスして過ごせます。公共の交通機関と異なり、乗車率の高い空間で他人と接触するといった心配がないので、疲れも軽減するでしょう。

2つ目に、効率よく移動ができるという点です。観光タクシーの運転手には地元の方が多く、道や地域の情報に精通しています。そのため、抜け道や裏道を知っていることから、効率よく移動ができるのです。花火大会当日に駐車場を探すために苦労する必要もないので、状況に応じて自由に乗り降りができ、時間の無駄を省けます。

また、人が多い花火大会会場に行くことに抵抗がある方にも観光タクシーはお勧めです。人込みを避けて花火が見られるスポットを案内してくれたり、車内から花火が見られる場所へ案内してくれることもあり、プライベート空間でじっくり楽しむことができます。特に小さな子供連れの場合、トイレや迷子等、会場では心配事がつきませんが、貸し切りの観光タクシーなら安心して楽しめます。

車種も幅広く用意されており、人数によってそれぞれに最適なプランが用意されています。これまで利用したことがない方でもホームページで分かりやすく記載されていたり、質問にも丁寧に答えてくれるので、気軽に利用できます。