観光タクシーを利用して秋田観光をスムーズに

豊かな自然環境に囲まれ、観光地や地域の行事なども多い秋田県は、毎年大勢の観光客が訪れる地域です。たくさんの観光名所や見どころのある秋田県ですが、観光する際には観光タクシーを使って観光をするのがおすすめです。観光タクシーを使うことによって、滞りなく秋田県の観光地を巡ることができます。

秋田県の有名な観光地の一つに千秋公園があります。千秋公園は、初代秋田藩主である佐竹義宣が築いた久保田城の跡地で、近代公園設計の長岡安平が公園として整備しました。千秋公園は春夏秋冬すべての時期に見どころがあり、例えば春には桜祭りが催され、冬には風物詩である雪吊りを見ることができます。また、美しい自然の他に、茶室や与次郎稲荷神社、秋田市立佐竹史料館など、公園内には文化的な見どころも多数存在します。観光タクシーを利用して観光をすれば、タクシーのドライバーに公園内の案内を頼むことができ、自分たちだけで公園内を見るよりも効率的に回れます。

千秋公園は年間を通して移動経路が混みがちになります。その際、観光タクシーであれば抜け道を通ったり、渋滞している道を避けたりして、スムーズに観光を楽しめるよう努めてくれます。地元に精通しているドライバーならではの運転で、ストレスなく観光地を巡れるでしょう。

千秋公園から車で数分ほどの場所にある秋田県立美術館は、藤田嗣治作品が中心となって展示されています。秋田県立美術館は、有名な建築家である安藤忠雄氏が設計した美術館で、美術作品だけではなく、支柱のない螺旋階段など建物そのものも大きな見どころになっています。他にも館内には併設されたカフェがあり、素敵な景色を眺めながらおいしいスイーツやドリンクを楽しめます。観光タクシーは1箇所にとどまる時間が制限されていないため、時間を気にせず、ゆったりと館内での時間を過ごすことができます。実際にスポットを訪れてみて遅くなる、早くなるという現象は必ずあるものなので、自分のペースで観光ができるのは観光タクシーならではの大きな利点です。

赤れんが郷土館は、赤れんが館、新館、収蔵庫の3つからなる歴史的価値の高い建物です。赤れんが館は有名な観光名所で、国の重要文化財ともなっているため、秋田に来たら見ておきたい観光名所の一つです。しかし、閉館が16時半と早めなので、事前に観光タクシーのドライバーに伝えておくのが大切です。前もって伝えておけば、間に合うように移動してくれます。さらに赤れんが館の周辺にはご飯屋さんが多くあります。もし、お目当てのご飯屋さんや場所があれば、ドライバーに連れて行ってもらうと迷うことなく目的地にたどり着けるでしょう。どこに行こうか迷ってしまったときも、ドライバーに聞けばおすすめの場所に連れて行ってくれるので、秋田観光をする際には観光タクシーの利用がおすすめです。